バイアグラとED治療法

高血圧とバイアグラ

高血圧とED

高血圧とは血圧が正常より高い状態で維持されていることを言います。

高血圧も生活習慣病のひとつとされており、塩分の過剰摂取や喫煙、運動不足などが原因ともされております。

加齢とともに発症しやすい病気となっており、日本の男性の300万人が高血圧の患者数と言われております。

高血圧もほかの病気を併発しやすい病気のひとつでEDもそのうちのひとつであり、高血圧患者の50%前後がEDを併発されております。

血管の病気でもある高血圧はやはり動脈硬化にもなりやすくEDを発症しやすいです。

また、服用している高血圧剤が原因でEDとなる場合もあり、利尿薬やアンジデオテシン系降圧剤などは薬剤の副作用としてEDを引き起こす可能性もあります。

高血圧剤とバイアグラ

高血圧の方でもバイアグラを処方できる可能性はあります。

しかし、安静時の血圧が収縮期血圧が170mmHg、拡張期血圧が100mmHg以上など重症的な高血圧の方にはバイアグラは使用できません。

これは、性行為自体が運動や興奮によりさらに血圧を高めてしまう可能性があり、性行為自体が危険なためです。

こういった場合は、降圧剤などで高血圧状態を維持する必要があります。

降圧剤などを使用し、安定な血圧の状態を維持できていれば、一般的な降圧剤と併用しても問題ない可能性が高いようです。

しかし、腎臓病などが原因での高血圧の場合はバイアグラの処方ができない可能性もありますので、 自身で判断せずかならず服用している高血圧剤を医師に確認してから服用するようにしましょう。

高血圧の改善には

高血圧を改善するには食事療法になります。

特に食塩の摂取量を減らし、減塩療法を行うことが重要です。

日本での食塩摂取目標値は6g/日以下とされております。

できるだけ摂取量を目標値以下に摂取することを行いましょう。

他、カリウムを多く含む食材を摂ることで血圧上昇を抑制することができますので、野菜や果物、豆類などの摂取を増やしましょう。

飲酒は血圧を上げることになりますし、喫煙は動脈硬化との関連も高いのでとちらも禁酒・禁煙することを心がけ、高血圧を改善させましょう。

高血圧は他の病気を併発し、EDも発症します。

EDは高血圧剤の影響も考えられますので性春を取り戻すために日頃の生活習慣を見直し克服しましょう。

ページのトップへ戻る