バイアグラとED治療法

バイアグラについて調べてみよう!

バイアグラの歴史

世界で初めてED治療薬として登場したのがこのバイアグラです。

1998年にアメリカのファイザー社が研究開発を行い販売を開始しました。

元々狭心症の治療薬として開発を開始したバイアグラですが、治験の途中で勃起をさせる効果があることがわかり、 ED治療薬として研究を継続させました。

発売当初は今まで存在しなかったED治療薬であったため「夢の薬」として世界に一気に広がり、 日本にも1999年に認可され病院で処方される処方箋医薬品として販売を開始しました。

現在でもED治療薬の第一線で活躍するバイアグラですが、2014年からは日本製ジェネリック医薬品も登場し 益々バイアグラの名前はEDの治療現場で広まっていくことでしょう。

バイアグラの効果

バイアグラには「25㎎」「50㎎」「100㎎」とあり、数字が大きいほど有効成分の含量が多いため強く作用します。

日本では「25㎎」「50㎎」が認可されており、世界的に認可されている「100㎎」は認可されておりません。

バイアグラは水またはぬるま湯で服用後、30分から1時間ほどで効果を発揮します。

作用時間は5時間から10時間ほどで含量が多いほど長く作用します。副作用として顔のほてりや目の充血、 動悸などお酒を飲んだときのような感じになります。

その副作用があらわれたら効果を発揮した合図だと思ってください。

服用回数は1日1回までとし、次回服用までは24時間以上の間隔を空けて服用するようにしましょう。

バイアグラは他のED治療薬と比較すると即効性と持続、勃起力のバランスのとれたED治療薬となります。

バイアグラの注意点

バイアグラの注意点としては食事の影響を受けやすいことです。

バイアグラの成分は油にとても弱く、胃や腸の壁に食べ物の油が残っている状態で服用してしまうと 体内に吸収されずにそのまま体外へ排出されてしまいます。

そのため、バイアグラ服用時は空腹でないと効果が半減してしまいます。

副作用としての頭痛がひどいときは市販の頭痛薬を併用しても問題ありません。

その他副作用が強く感じた場合は服用を中止し、他のED治療薬へ変更するなど医師と相談をしましょう。

バイアグラは硝酸剤を中心に併用禁忌薬があります。

他の病気を治療中の方は飲み合わせの悪いお薬の可能性もありますので医師に相談をしましょう。

バイアグラの副作用は血管拡張作用がある有効成分のため、強弱問わずほとんどの方が感じることとなります。

一過性のものが多いためバイアグラの効果が切れると副作用も収まります。

副作用を気にしすぎると逆に心因性のEDとなってしまうかもしれませんので、気にしすぎには注意しましょう。

ページのトップへ戻る