筋肉サプリとプロテインはどちらが筋トレに効果的?

プロテインとは?

プロテインとは?

プロテインとは英語での呼称であり日本語でタンパク質のことを指します。炭水化物・脂質と並ぶ三大栄養素の1つでアミノ酸が集まってできています。

アミノ酸は全部で20種類ありますが体内で合成できないものもあり、それを必須アミノ酸といい必要なたんぱく質を効率よくとるためには必須アミノ酸の割合が重要になります。

必須アミノ酸が含まれる割合のことをアミノ酸スコアといいますがこの数値が高いほど効率よくたんぱく質を摂取できるということになります。

サプリメントとしてのプロテインはアミノ酸のスコアが高い良質なたんぱく質で動物性タンパク質や植物性タンパク質から合成されます。

タンパク質は体の中でアミノ酸に分解され髪や爪や内臓、筋肉などをつくるだけでなくホルモンや酵素、神経伝達物質になることで体の機能を調整するため生命維持に欠くことができません。

水で飲むことが推奨されます。

筋トレに筋肉サプリとプロテインは必須?

筋トレに筋肉サプリとプロテインは必須?

筋トレではよく筋肉サプリやプロテインを摂取すると良いとされてます。

新しい筋肉を作るには材料となるたんぱく質を最適なタイミングで必要量を摂取することが重要で、プロテインは効率よく摂取出来るためトレーニングには必須ともいえます。

強い負荷の筋トレは筋肉を疲労をさせて傷つけてしまいますが、適切な栄養補給と休養を取ることで前と同じ刺激に耐えられるように修復されて少し太くなります。

このことを超回復と言って、この時に同じ強度と負荷でトレーニングを続けていても筋肉は重量に慣れて、負荷をかけても刺激を受けにくくなるので少しずつ強度と負荷を上げていきます。

トレーニング以外にもタンパク質を主にした栄養の摂取と、運動後の休養をバランスよく管理しながら定期的に繰り返していくと筋肉も発達します。

筋肉サプリとプロテインの違いは何?

筋肉サプリとプロテインの違いは何?

筋トレをする人にとって、筋肉サプリとプロテインはどちらも心強い味方です。

それぞれは一見すると似ているようですが、実は違いがあって使い分けや併用が行えるようになっています。

前者の筋肉サプリは、筋肉の増強や疲労回復を助けるもので、後者のプロテインは筋肉の栄養そのものだといえます。

つまり、筋肉サプリは文字通りサポートする脇役的な存在で、プロテインはやがて筋肉に変わる主役です。

どちらが優れているかというよりは、それぞれに違いがあって両方共に重要だと結論付けられます。

筋肉サプリとプロテインの間には、このような違いが存在していますから、性質の違いを理解して上手く活用することがポイントとなります。

両方が欠けると筋トレの結果はそれなりですが、いずれか一方を摂取するようにするだけでも、筋肉の増加や質の変化に違いが出てきます。