バイアグラとED治療法

バイアグラジェネリックについて調べてみよう!

日本で認可されているもの

バイアグラは日本での特許が2014年に満了したため、現在では多くの製薬会社がバイアグラジェネリックを製造・販売しております。

ジェネリック医薬品の特徴は同じ有効成分でありながら価格が新薬よりも安いことがあげられます。

患者さんの経済的負担も軽減できるため、国もジェネリック医薬品を推奨しております。

また、製造方法は異なるため、飲みやすく加工されたものも多く、患者さんの特長に合わせて使用できるのもうれしいところです。

日本のバイアグラジェネリックは新薬と同じ「25㎎」「50㎎」が認可されており、世界で一般的に認可されている「100㎎」は残念ながら認可されておりません。

日本のバイアグラジェネリックで特長あるものとして、武田薬品社が販売するシルデナフィル錠は錠剤に割線が入っているため、錠剤が割りやすいのが特徴です。

東和薬品社のシルデナフィルOD錠は水なしでも服用できるラムネのような錠剤でコーヒーとレモンの風味があります。

また割線もありますので使い勝手がよいバイアグラジェネリックとなっております。

海外のバイアグラジェネリック

海外のバイアグラジェネリックは昔から存在しております。

特にインドはジェネリック大国と呼ばれ、多数の製薬会社がいろいろな医薬品のジェネリックを製造・販売しております。

それは日本や世界と特許が違うため、成分に対する特許が存在せず、違う方法で製造すれば問題ないことがあげられます。

もちろん、バイアグラジェネリックも多数存在しております。

有名なところではアジャンタファーマ社が製造・販売するカマグラシリーズです。

カマグラには5種類あり、通常のものから、早漏改善薬を配合したもの、水に溶かして発砲させるもの、 ゼリー状のもの、トローチタイプのものとあり、味もフルーツ味となっており、とても飲みやすくなっております。

含量も「50㎎」「100㎎」とあります。

その他のEDジェネリック

日本では存在するバイアグラジェネリックですが、その他認可されているレビトラやシアリスのジェネリック医薬品は特許がまだ残っているため存在しておりません。

しかし、ジェネリック大国であるインドではレビトラやシアリスのジェネリックが存在しております。

種類も豊富でゼリー状のものや早漏改善薬を合成したものだけでなく、バイアグラ+シアリスのように2つのED治療薬を掛け合わせたものもありとても豊富に存在しております。

海外製品の購入方法

このように、海外にはさまざまなEDジェネリックが存在しており、世界のED患者の方に利用されております。

日本では認可されていないため、購入するには海外品を個人輸入することになります。

医薬品の個人輸入は自分自身に使用する場合は違法ではなく輸入することが可能です。

しかし、他人に譲渡したり販売したりすると違法となりますので注意しましょう。

他、注意点として、医薬品は1回での輸入量の制限がありますので、大量購入はできず、処方箋医薬品であるED治療薬の場合は1か月分が最大となります。

購入には海外サイトを使用するよりも、日本の海外通販代理サイトがありますのでそちらを使うことが便利に購入することができます。

ページのトップへ戻る