バイアグラとED治療法

シアリスについて調べてみよう!

シアリスの歴史

シアリスは2003年にアメリカのイーライリリー社が開発した第三のED治療薬です。

日本では2007年に認可された新しいタイプのED治療薬となっております。

大きな特徴としては効果の持続時間が長いことです。

バイアグラやレビトラが即効性のタイプに対し、シアリスは即効性には劣るものの1日以上持続するため、 海外では週末に利用するウィークエンドピルと呼ばれております。

副作用もバイアグラやシアリスより軽く感じ、勃起もマイルドであるため、初めてED治療薬を使用する方や高齢者の方などは使用しやすいのではないでしょうか。

そのためシアリスは世界シェアでNO,1となっており、バイアグラやレビトラよりも人気のED治療薬となっております。

シアリスの効果

シアリスはレビトラと同じく「5.㎎」「10㎎」「20㎎」の含量となっております。

数字が多いほど有効成分のタダラフィルの含量が多く強く長く作用します。

服用後1時間~3時間で効果を発揮し始め、20時間~36時間効果を持続します。

シアリスも他にED治療薬と同じくPDE5阻害薬となっており、勃起抑制酵素であるPDE5の働きを抑制することで 勃起活性物質の働きを向上させることで血管を拡張させ血流を上げ勃起を促します。

シアリスも同様、服用したからと言って常に勃起状態ではなく、性的刺激を受けることで初めて勃起しますので、外出時に服用しても問題ありません。

シアリスも食事の影響を受けにくくなっておりますが、お腹いっぱいに食べてしまうと効果は半減してしまいますので、できるだけ空腹の状態で服用しましょう。

服用回数は1日1回までとし、長時間作用しますので、できるだけ間隔を空けて服用するようにしましょう。

シアリスの注意点

シアリスもED治療薬特有の副作用があり、顔のほてり、頭痛、目の充血、動悸などを感じます。

しかし、バイアグラやレビトラよりも弱く作用するため、副作用を感じない人も多くいます。

併用禁忌薬としては硝酸剤を中心にございます。

レビトラよりも種類は少ないですが、安全のためお薬を処方されている方は医師に確認を行いましょう。

シアリスは作用時間も長く、副作用も弱いため、初めてED治療薬を使用する方や高齢者の方には使用しやすいですが、 その分、勃起力もバイアグラやレビトラに比べ弱いので効果をあまり感じられない方も多くおります。

もし、物足りないなど思う方はバイアグラやレビトラへ変更することも視野に入れておきましょう。

ページのトップへ戻る